大手ネット証券のSBI証券、楽天証券に続き、マネックス証券がiDeCoに参入し9月下旬より申し込みを開始します。先行するSBI証券、楽天証券と同様に運営管理機関(マネックス証券)が受け取る運営管理手数料は無料としています。

取り扱うファンドもなるべく初心者にわかりやすいように数を絞っている印象を受けます。

大手ネット証券のiDeCo参入はこれが最後でカブドットコム証券、松井証券が参入する可能性は低いかもしれません。

私は上記の3社を調べて自分が気に入った会社でiDeCoを開始すれば良いと考えていますが、インターネット証券での郵送による申し込みではなく、対人による説明や申し込み手続きのサポートが欲しいという方にはイオン銀行が人気のようです。

一度、運営管理機関(銀行、証券、保険会社など)を選んでしまうと、将来、何らかの事情で運営管理機関を変更しようと思った際に色々と面倒なことが起きます。例えば運用商品は全部、解約して現金化する必要があり、また移換期間にも3ヶ月前後のかかります。

それだけ運営管理機関選びは重要ですので気をつけてください。