個人型確定拠出年金に加入するメリットとして3つの税制メリットがあげられます。

まず1つは、所得控除による税額軽減効果、2つ目は運用益の非課税効果、3つ目は年金受け取り時に受けられる控除です。

掛金拠出時には掛金が所得控除されて、税金が節税できます。また、運用益が非課税のため複利での長期運用で威力を発揮します。受け取り時にも控除を受けられるので節税になります。

掛金拠出時、運用時、受け取り時の3つのステージそれぞれに税制メリットのある確定拠出年金を使わないのは、もったいないと言えます。