企業型確定拠出年金ではデフォルトの商品が定期預金になっていて、そのままにしている方が結構いるようです。多くは投資に無関心な方と見られ、会社を退職した際に確定拠出年金の手続きを行わない方もこうした方に多いのでしょう。

iDeCoでも所得控除のメリットを享受してリスクを取らずに定期預金で運用するという考え方もあるようです。ただ、それだとiDeCoの特性をうまく活かせないと思います。

できればiDeCoでは非課税の特性を活かして、ハイリスク・ハイリターンの外国株へ投資する投資信託の割合を高くするなどの使い方が個人的にはお勧めです。

iDeCoで定期預金を選ぶと運営管理手数料の回収はできない恐れもあります。(所得控除で元が取れるとの判断でしょうが。)

投資初心者ならともかく、iDeCoに加入したのであれば少しずつリスクをとるのも良いかなと感じます。